XMの口座タイプ選びのおすすめは?

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

XMの口座タイプ選びに悩んでいる方もいるかもしれません。

ここではXMの口座タイプ選びのおすすめはどれか、お伝えしたいと思います。

まず、XMの口座タイプは3種類あり、スタンダード口座、マイクロ口座、XMTrading Zeroがあります。

簡単に口座タイプ選びのアドバイスをします。

・スタンダード口座→一般的なトレーダーにおすすめの口座で、各種ボーナスが使える
・マイクロ口座→小資金でトレードしたい方におすすめの口座で、各種ボーナスが使える
・XMTrading Zero→それなりに資金があり、狭いスプレッドでトレードしたい方におすすめの口座だが、新規開設ボーナスしか使えない

このように、あなたの目的や資金量に応じて口座を使い分けるといいでしょう。

ここではざっくりと書きましたが、ここから先ではもっと詳しく口座タイプの違いを書きたいと思います。

XMの3種類の口座タイプの違いについて

XMの3種類の口座タイプについて、わかりやすいよう一覧表にまとめました。

マイクロ口座 スタンダード口座 XMTrading Zero
基本通貨オプション USD、EUR、JPY USD、EUR、JPY USD、EUR、JPY
契約規模 1ロット=1,000 1ロット=100,000 1ロット=100,000
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
入金額以上の損失はなし
全主要通貨のスプレッド 最低1pips  最低1pips  最低0pips
手数料 × ×
最大ポジション数 200ポジション 200ポジション 200ポジション
最小取引サイズ 0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
0.01ロット 0.01ロット
チケット毎のロット制限 100ロット 50ロット 50ロット
取引ボーナス ×
口座開設ボーナス
ヘッジ可能
最低入金額 5$ 5$ 100$

このように、表で見ると分かりやすいのではないでしょうか?

ちなみに、これはXMの公式サイトにあるものとほとんど同じものです。笑

入金額以上の損失はなしとはゼロカットのことで、簡単に言うと追証がないということです。

また、XMTrading Zeroはスプレッドが狭いとはいっても、手数料が別途必要になりますので、国内口座並みに手数料が安くなるということではありません。

それでは、次に口座別に特徴をご紹介します。

XMのスタンダード口座の特徴

スタンダード口座は一般的な海外FX口座とほとんど同じ内容です。

そのため、他社で海外FXをやったことがある方には一番馴染みやすい口座といえます。

1ロットは10万通貨となりますので、今まで国内口座をメインで使っていた方には注意が必要です。(国内口座は1ロット1万通貨が多い)

また、レバレッジ888倍と、他社よりも高いレバレッジでトレードできます。

そして、スタンダード口座の最も大きな特徴としては、各種ボーナスが使えることです。

ボーナスの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。↓

XMのマイクロ口座の特徴

マイクロ口座は1ロット1000通貨と、かなり小資金でトレードできる口座です。

そのため、これから初めてFXをやるという方にこそおすすめの口座になります。

ロット以外はスタンダード口座とほとんど変わりませんが、MT4とMT5で最低ロットが違いますので、注意が必要です。(MT4は0.01ロット、MT5は0.1ロット)

XMTrading Zeroの特徴

XMTrading Zeroは最大レバレッジが500倍で、スプレッドが狭い口座です。

スプレッドが狭い代わりに手数料が別途必要ですが、それでもスタンダード口座より少しだけトータルの手数料が安いという感じになります。

また、口座開設ボーナスをもらうことはできますが、入金ボーナスをもらうことができませんので、XMTrading Zeroはボーナスなんて必要ないという中級者以上を対象にした口座といえるでしょう。

複数のタイプの口座を使い分ける

ここでは3種類の口座タイプを解説しましたが、いずれもマイページより追加口座を開設することができます。

そのため、最初の口座タイプ選びはそこまで慎重になる必要はありません。

悩んだらとりあえずスタンダード口座を作り、口座開設が完了後に追加口座を作れば問題ないのです。

私のおすすめとしては、初心者ならマイクロ口座、トレード経験がある方ならスタンダード口座、中級者以上でトレード回数が多いならXMTrading Zeroを選ぶのがいいでしょう。

XMの口座開設はこちら

MUHAI_AUDNZD