「Reversal_Chance」のロジックを少しだけ紹介

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

「Reversal_Chance」のロジックを少しだけ紹介します。

「Reversal_Chance」は私が実際にトレードをしていて、最も勝ちやすいパターンが出たときにサインが欲しいと思ったのが開発のきっかけです。

私が最も得意としたパターンは、相場の大局の流れの逆側にチャートが動いた後、チャートが相場の大局の流れに戻る際にエントリーをすることです。

例えがわかりにくかったかもしれませんので、こちらの画像をご覧ください。↓
エントリーポイント

この全てでエントリーをしているわけではありませんが、〇が付いているのが私が実際にエントリーするだろうポイントになります。

一見すると逆張りのように見えますが、相場の大局の流れから見ると順張りです。

この相場は上昇相場のため、ショートのサインではエントリーしないようにしています。

しかし、いくら上昇相場だからといって、下に大きくチャートが動いたときにすぐに逆張りエントリーすると、そのまま持っていかれて含み損を大きく抱えることもあります。

私の負けトレードの大半は、待ちきれずに中途半端なエントリーをしたことです。

反転狙いのトレードで勝つ方法は、買われすぎ・売られすぎの状態になるまで待ち続け、そこからしっかりと反転したのを確認した上でエントリーをする必要があります。

つまり、反転狙いのトレーダーにとって、最も必要なことは「チャンスが来るまで何もせずに待ち続けること」です。

チャンスは何度もありますが、毎日あるわけではありません。

でも、月曜日から金曜日の朝から晩までずっとチャートを見続けていると、チャンスかもしれないと妥協してしまい、妥協した結果が負けトレードにつながります。

だからこそ、エントリーの基準を厳しくする必要がありましたし、サインが出るタイミングもきちんと反転をしてから出るようにしないと意味がありません。

何度も試作品を作成しましたが、どうしても中途半端なところでサインが出るものができてしまいます。

ですが、あるとき悩みは解決しました。

「Reversal_Chance」のロジックについて

「Reversal_Chance」のロジックを全て公開するわけにはいきませんが、公開できる範囲で少しだけ仕組みをお伝えします。

「Reversal_Chance」には厳しい基準があり、そのゾーンを超えなければサインがでないように設定しています。

また、私は以前からゴールデンクロス・デッドクロスが最強だと思っていますので、上記の基準をクリアしつつ、そこからの反転時にクロスしたときのみにサインが出るようにしました。

「Reversal_Chance」のエントリーサインが出る頻度は少ないですが、かなり勝率が高いサインツールができたのです。

また、利確サインに関しても、とある基準をクリアしないと出ないようにしていますが、エントリーサインに比べると若干設定を緩くしています。

利確サインに関しては、ゾーンに入って伸びが止まったところでサインが出るようになっていますので、反転しなくてもサインが出る仕様上、エントリーサインと比べると頻度は多いです。

そのため、エントリーしていない状態での利確サインは全て無視していただいても構いません。

大事なのは、エントリーサインが出るまで待ち続けることなのです。

利確サインがあることにより損小利大のトレードができる

投資において最も大事と言われることの1つが損小利大です。

つまり、損を小さく利を大きくという意味ですが、ほとんどのトレーダーが損小利大ができません。

たとえ勝率が5割であっても、利益幅よりも損切り幅の方が広い場合は、やればやるほど資産が少なくなります。

勝率の高さでカバーするということもできますが、勝率を高くするのは口で言うほど簡単ではありません。

そのため、利益を伸ばせるなら伸ばした方がいいのは言うまでもありませんが、どこまで伸ばすのかという基準がないと、適当なところで利確してしまいます。

これは私も悩んでいたことなのですが、利確サインを出すことによって、その悩みも解決することができました。

ようは、利確サインが出るまで持ち続け、もしも途中で反転して戻ってきた場合には建値で決済というようにすれば、自然と利益を伸ばすことができるのです。

そして、「Reversal_Chance」のエントリーポイントから利確ポイントまではけっこう広いので、損小利大のトレードが容易になります。

イメージとしては、このような感じです。↓
損小利大トレード

このチャートの場合、なんと180pipsも獲得できていますので、エントリー回数が少なくても全然問題ないことがわかります。

MT4のメール通知機能を活用する

「Reversal_Chance」はサインが出たときにアラートが鳴りますが、MT4のメール設定をすることで、サインが出たときにメールを送信することができます。

メール機能はほとんどのサインツールで採用されていますが、「Reversal_Chance」の場合はエントリーサインそのものが少ないことから、かなりメール通知機能が役立つでしょう。

私はスマホにメールを送信するように設定しています。

ちなみに、エントリーサインでのメールはこちらです。↓
エントリーサイン

続いて、利確サインのメールはこちらになります。↓
利確サイン

なお、欠点というほどではありませんが、どうしても利確サインの方が多いため、メールとして届くのは利確に関するメールの方が割合が多いです。

そのため、利確サインのメール機能は外そうかとも思いましたが、色々とテストをした結果、利確サインのメール機能を外してしまった場合、利確の際に不便に感じることが多かったため、あえて利確サインでもメールを送信するようにしました。

このメール機能は私も実際に活用していますが、ずっとパソコンの前に座っている必要がなくなりましたので、かなり役立っています。

以上が「Reversal_Chance」の簡単なロジックの説明です。

近日中にリリースしますが、リリースの際には当ブログ及びTwitterにてお知らせいたします。

「Reversal_Chance」をゴゴジャンにて販売開始しました。

「Reversal_Chance」の販売ページはこちら

MUHAI_AUDNZD