MA ribbon filledとReversal_Chanceを組み合わせたトレード手法

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

MA ribbon filledとReversal_Chanceを組み合わせたトレード手法をご紹介します。

まず、MA ribbon filledとは2本の移動平均線の間を塗りつぶしているインジケーターです。

実際に、このようなインジケーターを見たことがある人は多いでしょう。↓
MA ribbon filled

MA ribbon filledには色々な使い方があり、押し目買い・戻り売りに使う人もいれば、トレンドを見極めるために使う人もいます。

次に、Reversal_Chanceとは私が開発及び販売しているインジケーターです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。↓

この、Reversal_ChanceとMA ribbon filledを組み合わせることによって、勝率をさらに上げることができます。

MA ribbon filledとReversal_Chanceの組み合わせ方

それでは、MA ribbon filledとReversal_Chanceの組み合わせ方についてです。

2つのインジケーターを入れたチャートがこちらになります。↓
MA ribbon filledとReversal_Chance

これだけ見るとReversal_Chanceのサインで全勝しているため、脳死状態でエントリーするだけで勝てるように見えるかもしれません。

しかし、Reversal_Chanceの性質上、どうしてもリペイントを避けることができないため、100%勝つということはありません。

それでもReversal_Chanceの勝率はかなり高いと自負していますが、少しでも負けを少なくするために、MA ribbon filledを利用します。

使い方は簡単で、まずはReversal_Chanceのサインが出るまで待ちます。

サインが出た後は、MA ribbon filledの移動平均線の間の色が変わるまで待ちます。

注意するべき点は、サインが出た後にすぐにエントリーをしないことです。

そして、サインが出た後に逆行して、MA ribbon filledの色が変わらなかった場合にはエントリーしません。

Reversal_Chanceのサインが出て、MA ribbon filledの色が変わった後にエントリーをしますが、エントリー後に逆行してMA ribbon filledの色がさらに変わったら損切りをします。

利確に関しては、利確サインが出るまで伸ばすというのもいいですが、MA ribbon filledの色が変わったときに利確してもいいでしょう。

このように、MA ribbon filledを組み合わせることによって、Reversal_Chanceを活かすことが可能です。

最強のインジケーターを組み合わせる

最強のインジケーターを組み合わせると書きましたが、別にReversal_Chanceは最強でもなんでもありません。

最強のインジケーターとはピボットです。

ピボットに関してはこちらの記事をご覧ください。↓

そして、こちらがピボットを組み合わせたチャートです。↓
ピボットとの組み合わせ

ピボットのポイントで必ず反応しているわけではありませんが、かなり高確率でチャートがピボットに反応しているのがわかるのではないでしょうか?

このように、ピボットは絶対に使った方がいいテクニカルですので、Reversal_Chanceとともに是非とも活用してください。

MUHAI_AUDNZD