FXで破産する理由

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

FXで破産する理由、知りたくありませんか?

答えは簡単です。それは有り金のほとんどをFX会社に入金して、高いロットでトレードするからです。

これは破綻しても仕方ないでしょう。

では、勝ち続けているトレーダーはどうしているかというと、無くなっても仕方ないと思える程度の金額を入金して、さらに低いロットでトレードします。

無くなっても仕方ないと思える金額は、人によって違います。

1万円という人もいれば、100万円という人もいますし、中には1000万円という人もいるかもしれません。

ただ、一つ言えることとしては、どんなに低いロットでトレードしていても、金融ショックによって資金の大半を失う可能性がありますので、絶対に生活費を入金してはいけません。

あくまでも、投資金額は自分の小遣いの範囲内で行うことが必要です。

よく、人生を変えるために有り金全てを投資するという人がいますが、それは最早ギャンブルであり、投資ではありません。

なので、もしもこの記事を読んでいる方で、FX会社に有り金の大半を入れているという方は、必ず生活費を出金するようにしてください。

どんなに優れたトレーダーでも、一度や二度は大負けをしているものですし、その一度目の負けがいつ来るかなんてのは誰にもわからないのですから。

また、私は出会ったことがありませんが、中にはFXで負けたときに消費者金融からお金を借りて負け分を帳消しにしようと考える人もいるそうです。

そういう人は絶対に身を滅ぼしますし、多分FXの勉強なんてしてないでしょう。

実は恐ろしい国内口座

FXは安心できる国内口座でやりましょうと言われますが、その認識が間違っているとは言いません。

たしかに、海外口座が怪しいというのは事実です。

ただし、国内口座を使用している人ほど、資金管理とロット管理を慎重に行わなければなりません。

海外口座は証拠金がゼロになっても、ゼロカットというシステムがあるため、追証が発生しません。

しかし、国内口座の場合は強制ロスカットになった際に、追証による借金を背負うことがあります。

結局のところ、FXで海外口座を使う理由なんてのは、国内口座にはゼロカットがないからなのです。

なので、国内口座と海外口座についてのくだらない議論がネット上で繰り広げられていますが、国内口座を使う方がリスクがあると判断した人が海外口座を使っているだけです。

少々話が脱線してきましたが、FXで破産する理由には、国内口座の仕組みが含まれていることも事実となります。

ただ、追証のリスクを理解した上で、低いロットで国内口座を使う分には全然問題ないと思います。

FXで大きく稼いでいる人に聞いた破産しないための資金管理

最後に、FXで実際に大きく稼いでいる人に聞いた資金管理についてお話します。

まず、普通にFXをやる場合には、絶対にロットを大きくしないというのが稼いでいるFXトレーダーの大多数の意見です。

次に、もしもロットを大きくしたいなら、海外口座に無くなっても問題ない程度の金額を入れて、金額が大きくなったら必ず出金するのを繰り返すという方法です。

ちなみに、ここで言う無くなってもいい程度の金額というのは、貯金が100万円あるなら1万円を使うという程度の小さな金額を徹底してください。

大きなロットでトレードするならゼロカットがある海外口座を使用するのは当然ですし、もしも使用している海外口座が悪質業者だった場合でも、1万円くらいなら諦められるのではないでしょうか?

なお、当ブログで紹介している海外口座は全て優良業者なので、出金拒否されるということはありません。↓

MUHAI_AUDNZD