FXに正しい勝ち方・負け方はあるの?

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ

FXに正しい勝ち方・負け方はあるの?と誰もが一度は考えたことがあると思います。

結論から言うと、FXは勝てればどんな手法でもOKで、正しい勝ち方や負け方なんて存在しないと私は考えています。

当ブログでも色々な手法を紹介していますが、その手法は私にとって正しくても、他の人からすれば正しくない可能性もあります。

そもそも、正しい勝ち方や負け方って何でしょうか?

FXの書籍を読むと、大抵は損小利大の話が掲載されていますので、利益を引っ張るのが正しい勝ち方で、早い損切りが正しい負け方と言えるかもしれません。

上記の考えは解答の一つではあります。

しかし、実際に勝ち続けているトレーダーで、損小利大のルールを厳格に守っている人を見たことはありません。

また、利小損大のトレードでも、勝率を極限まで高めることで勝ち続けているトレーダーを私は知っています。

そして、邪道ではありますが、含み損を抱えたときは塩漬けにして、利益は適当なところで利確するというトレードで勝ち続けている人もいます。(マイナススワップが大変なことになるようです)

ナンピンマーチンもかなり危険な手法ですが、負けない手法として有名ですし、大きな証拠金で、あまり動かない通貨ペアを選び、小さなロットで運用すれば実現可能です。

ちなみに、ナンピンマーチンを知らない方はこちらの記事をご覧ください。↓

極端な例を出していますが、トレーダーによって勝ちパターンは全然違いますので、FXの正しい勝ち方や負け方を定義するというのはナンセンスです。

とある有名FXユーチューバーも言っていますが、FXで大切なことは「勝ち逃げ」ではないでしょうか。

どんな手法でもいいので、とにかく勝って、大負けする前に引退する。

これが最強だと思います。

正しい勝ち方・負け方にこだわって、資金を減らしてしまう人は多いですが、自分に合った手法をデモ口座でしっかりと身に着け、そしてリアル口座に移行すれば問題ありません。

誰かに言われたことではなく、自分自身が頑張って身に着けた技術こそが一番正しい方法なのです。