FXの現実的な月利について

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

FXの現実的な月利についてお話しします。

通常、投資において月利5%は詐欺と言われます。

しかし、FXはレバレッジがある関係で、実際の金額以上の資金を動かすことができるため、月利300%にすることも可能です。

ただし、月利300%なんていう馬鹿みたいな利益を求めると、最初のうちは上手くいったとしても、必ず近いうちに破綻するでしょう。

上記の月利300%というのは極端ですが、月利100%だったとしても、それはロットが大きすぎます。

私も以前は毎月の月利100%を目指していたことがありますが、一度の負けでかなりの金額を持っていかれました。

私の場合はヤバいと思ったところで出金をしたため、破綻することはありませんでしたが、あのまま無茶なロットでのトレードを続けていたら、間違いなく破綻していたでしょう。

月利100%なんていう無謀なトレードをしていたら、どんなにトレードが上手くてもいずれ大負けするので、やめておいた方が無難です。

さて、話を戻しますが、FXにおいての現実的な月利についてです。

基本的に、月利10%も稼げれば十分すぎるでしょう。

あくまでも月利10%というのは目標であり、マイナスにならなければ月利1%でも問題ありません。

レバレッジが使えるFXにおいて、月利10%は少ないと感じるかもしれません。

しかし、月利10%が1年続いた場合、資金は3倍以上になります。

信じられないかもしれませんが、複利で運用することによって、どんどん儲けは大きくなっていくのです。

複利計算サイトで実際に計算してみましょう。

元金100万円で利率を月利10%、期間を1年で計算します。

すると、このようになります。↓
月利10%を1年

そして、この月利10%が10年続いた場合がこちらです。↓
月利10%を10年

なんとも恐ろしい金額が表示されました(笑)

とりあえず、10年間も月利10%を達成し続けることは不可能だと思いますが、たとえ月利1%~5%だったとしても、これが1年続くとかなりの金額になります。

FXは株式投資と比べるとギャンブル的な側面もあることから、一攫千金を狙って大勝ちと大負けを繰り返す人が多いのも事実です。

しかし、ギャンブルとしてではなく、投資として考えた場合、やはり月利の上限は10%でしょう。

うさぎと亀の話ではないですが、最初は儲ける金額が少なかったとしても、プラスが続けばいずれ大きな金額になります。

大切なお金ですので、どんなに最大レバレッジが大きな口座を使おうと、実効レバレッジは低くするのが生き残るために最も大切なことです。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)