FXは勝率は低くてもいいという嘘

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

FXは勝率は低くてもいいというのは嘘です。

よく、勝率が3割であっても、リスクリワードがよければプラスになると言われています。

たしかに、理論上では間違いではありませんが、勝率3割ということは、7割は負けているということです。

ということは、100回トレードした場合、70回連続で負け続けるということもありえます。

では、70回連続で負けたら資産は残っていますか?

つまり、そういうことです。

もちろん、トレードの世界は非常に厳しいので、勝率100%なんてのは不可能です。

しかし、FXは勝率が低くてもいいというのは嘘であり、机上の空論としか言えません。

やはり、資産を増やすならある程度は勝率にこだわる必要がありますし、勝率を上げるならFXの知識を増やすしかないでしょう。

FXの勝率が低くてもいいというのは負け犬の遠吠え

厳しいことを書きますが、FXの勝率が低くてもいいというのは負け犬の遠吠えです。

というのも、勝率が低くてもいいと言っている時点で、最初から負けを受け入れているからです。

負けてもいいという考えでトレードすると、どうしても適当なところでエントリーをしてしまい、結果的に負けます。

しかし、絶対に負けるわけにはいかないという気持ちでトレードした場合、エントリーポイントを厳選しますし、良いエントリーポイントが見つからないときには何日もエントリーしないときもあります。

そして、エントリーする箇所を厳選するからこそ、勝率を高くすることができるのです。

もちろん、絶対に勝つつもりでトレードしても、結果的に負けることはありますが、そのときには潔く損切りすることも必要になります。

なお、私の勝率は平均70%くらいです。

厳密にリスクリワードを決めることは少ないですが、基本的にリスクリワードは1:1くらいなので、悪くないと思います。

勝率を高くするために必要なことは環境認識

勝率を高くするためには環境認識が最重要事項です。

なお、環境認識についてはこちらの記事をご覧ください。↓

そして、FXの難易度を下げることも大事になります。↓

上記リンクの記事ですが、非常に大事なことを書いていますので、FXで全然勝てないという方にこそ読んでいただきたいです。

簡単にまとめると、

IMMポジションを見る

日足・1時間足・15分足を見てトレンドの流れを把握する

ロットを小さくして利確と損切りの幅を広くする

分割エントリーを活用する

こんな感じでトレードすることで、少なくとも勝率50%以上を出すことが可能です。

冒頭にも書きましたが、FXは勝率が低くてもいいというのは嘘です。

最初から負けを受け入れていては、トータルで負けの方が多くなるのは当たり前でしょう。

絶対に負けない気持ちでトレードをして、結果的に負けたときには潔く損切りするというのが良いトレードだと私は考えています。

MUHAI_AUDNZD