業界追放FXのレビュー

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

業界追放FXのレビューをしたいと思います。

業界追放FXとは、その名の通り日本のFX業界を追放された人の教材です。

FX業界の追放と聞くと、なんだか悪いことをしたように思えますが、この教材の作者がやったことは国内口座での大きなロットを入れたスキャルピングになります。

国内口座でスキャルピングを繰り返す行為は、大半のFX業者が禁止しています。

そして、その結果として口座が凍結になり、国内口座を新しく作ることができなくなったとのことです。

スキャルピングで国内口座を凍結される件の詳細はこちらをお読みください。↓

だからといって、ほとんど稼げていないような人は、そもそも凍結される可能性は低いです。

つまり、スキャルピングを行いつつ、FXで大きく稼いでいたからこそ、口座を凍結されたのが業界追放FXの作者になります。

どれだけ稼いだのかというと、業界追放FXの販売ページに年間収益証明書が掲載されていますので、そちらをご覧ください。

年間収益証明書を確認する

業界追放FXの内容は?

業界追放FXの内容に関しては、FXに対する考え方から始まり、FX業界の嘘や裏話、そして実際の手法についてです。

FX業界の嘘や裏話は、私は知っていることでしたが、おそらく知らない人の方が多い話になります。

例えば、グランビルの法則は日本では非常に有名で、中にはグランビルの法則と同じような内容の教材を有料で販売している人もいるのですが、日本で有名なグランビルの法則は海外では実は無名です。

アメリカでは知っている人も少数いますが、ヨーロッパではグランビルなんて誰も知りません。

この件については以前にも記事で書いてます。↓

このように、FX業界には色々な嘘があります。

そんな裏話を業界FXの前半パートで観ることができます。

前半部分に関しては、YouTubeで無料公開している部分がありますので、興味がありましたら動画を観てください。

無料公開している部分だけでもけっこう勉強になります。↓

そして、後半からは実際のトレード内容です。

ドル円でのスキャルピングがメインの内容となりますが、いわゆるテクニカル分析でのトレードではなく、とある先行指標を使ったトレードになります。

詳しい内容は書けませんが、かなり再現性が高い手法です。

ただ、この方法は反射神経が少々必要になりますので、デモ口座で練習しないといけません。

いきなり実際のお金を使ってトレードすると、おそらくトータルで負けるでしょう。

そのため、ある程度の慣れが必要です。

業界追放FXの作者は国内口座を作れなくなったそうですが、今現在はFXをしているのかどうかは不明です。

海外口座の場合は、大半の業者がスキャルピングOKなので、もしかしたら海外口座でトレードしているのかもしれません。

世の中には詐欺的な商材が多く、私もそういう粗悪なものも色々と見ましたが、業界追放FXはとても良い教材です。

購入したからといって、すぐに勝てるようになるわけではありませんが、勝っている人が何を見てトレードしているのかがわかるというのが一番のメリットでしょう。

業界追放FXの詳細はこちら

MUHAI_AUDNZD