All MACD Adaptive MTFはメインチャートにMACDの情報を反映するインジケーター

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

All MACD Adaptive MTFはメインチャートにMACDの情報を反映するインジケーターです。

MACDを使用しているトレーダーは非常に多く、トレードの際の売買基準にしている人も多いでしょう。

そんなMACD使いに使用していただきたいインジケーターがAll MACD Adaptive MTFです。↓
All MACD Adaptive MTF

上記画像でもわかる通り、MACDの情報がメインチャートに反映されているので、MACDをオシレーターとして使用するよりもわかりやすいです。

All MACD Adaptive MTFとMACDを見比べる

All MACD Adaptive MTFとMACDを同一チャートに入れて見比べてみましょう。↓
All MACD Adaptive MTFとMACDの比較

このように、MACDをオシレーターとして使用するよりもわかりやすいのではないでしょうか?

ちなみに、私の場合、MACDのヒストグラムが好きではないので、メタエディタでライン方式に変更しています。

こちらが私が使用しているMACDです。↓
MACDライン方式

本来のヒストグラムのMACDと見比べてみましょう。↓
MACD比較

これは好みにもよりますが、ラインで表示されたMACDの方が見やすいと私は思います。

ラインで表示されたMACDとAll MACD Adaptive MTFを見比べると、MACDの情報がそのままメインチャートに反映されているのが一目瞭然です。

余談ですが、MACDのヒストグラムをライン方式にする方法は、こちらのブログがわかりやすかったので参考にしてください。↓

All MACD Adaptive MTFを使用したトレード方法

All MACD Adaptive MTFを使用したトレード方法としては、単純にMACDがゴールデンクロスかデッドクロスをして、チャートに表示されているAll MACD Adaptive MTFの色が変わってからエントリーで問題ないでしょう。

利確も損切りもAll MACD Adaptive MTFがクロスするときとすれば、明確なルールにもなります。

ただ、当然ですが、全てのクロスでエントリーをする必要ありません。

私がAll MACD Adaptive MTFを使用してエントリーするなら、まずは1時間足を見ます。↓
All MACD Adaptive MTF1時間足

1時間足でAll MACD Adaptive MTFが下降していて赤色になっている場合なら、5分足もしくは15分足でもデッドクロスした場合のみショートのエントリーします。

逆に、1時間足でAll MACD Adaptive MTFが上昇して緑色になっている場合なら、5分足もしくは15分足でゴールデンクロスした場合のみロングのエントリーをします。

上記の例はデイトレ的な考え方ですが、スイングをやるなら週足や日足をチェックしてから1時間足でエントリーすることになるでしょう。

普段からMACDを使用していて、順調に資産を増やしているという方には、是非ともAll MACD Adaptive MTFを試していただきたいと思います。

All MACD Adaptive MTFは無料でダウンロードすることができます。

All MACD Adaptive MTFのダウンロードはこちら

MUHAI_AUDNZD