XARD「MONSTERg-v3」のインジケーターは視覚的にわかりやすい

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ

XARD「MONSTERg-v3」のインジケーターは視覚的にわかりやすいです。

XARDとは海外で人気のインジケーターです。

以前にも当ブログにてXARDの記事を書いています。↓

上記リンク先でも記載していますが、XARDは無料で使えるにも関わらず、かなり優秀なインジケーターです。

このXARDのシリーズである「MONSTERg-v3」をダウンロードしたため、今回はレビュー記事を書きたいと思います。

XARD「MONSTERg-v3」のチャートについて

XARD「MONSTERg-v3」のチャートがこちらです。↓
XARD「MONSTERg-v3」15分足

XARDはどのシリーズもチャートがチカチカして見づらく感じますが、視覚的にわかりやすいチャートになります。

背景だけ見ても、上昇相場は青色で下降相場は赤色ということで、トレンドが視覚的にわかりやすいのは大きなメリットです。

ただし、短期足だけのトレンドを見るトレードは非常に危険なので、最低でも日足・1時間足のトレンドを確認した上で短期足を見るといいでしょう。

実際、上記チャート(15分足)では上昇相場になっていますが、これを1時間足にすると下降相場になります。↓
XARD「MONSTERg-v3」1時間足

この場合、私なら15分足が下降相場になるのを待ってからショートを仕掛けます。

もちろん下降相場にならない可能性もありますが、それはエントリーチャンスがなかっただけなので問題ありません。

XARD「MONSTERg-v3」には2本の移動平均線が表示されていますが、この移動平均線がクロスした上で背景色が変わったときがエントリーチャンスになるでしょう。

チャートには緑色と黄色の横線が表示されていますが、こちらは当日の始値を表しています。

このラインを上に超えると緑色になり、下に超えると黄色になります。

この始値のラインをどのように捉えるかはトレーダーによって違いますが、損切りの目安にもなります。

サブチャートに表示されているのはRSIです。

ここではXARD「MONSTERg-v3」の機能を書きましたが、トレード手法は人それぞれ違いますし、インジケーターの使い方も千差万別です。

大切なことは、どのようなインジケーターを使用するにしても、自分のスタイルにその機能を落とし込んで実践を重ねることになります。

XARD「MONSTERg-v3」はforex-stationという海外サイトで無料配布されています。

作者からのコメントにも「Hopefully, this is my last upload – may you make life-changing Pip$ Enjoy!(うまくいけば、これが私の最後のアップロードです。人生を変えるPipを楽しんでください!」と書かれています。

コメントを読むと、インジケーターに自信があることがわかります。

ダウンロードに関してはforex-stationより行ってください。

XARD「MONSTERg-v3」のダウンロードはこちら