FX Venom Proで毎日50~120pipsを獲得する方法

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

FX Venom Proで毎日50~120pipsを獲得する方法という過激なタイトルを書きましたが、実は私はこんなに獲得できると思っていません。

これは、海外のトレードシステムである「FX Venom Pro」のダウンロードページの見出しです。

決して私が考えたタイトルではありません。

そのため、もしも50~120pipsを獲得することができなくても、私にクレームのメールを送らないようにお願いします。笑

FX Venom Proのチャートについて

FX Venom Proのチャートはこのようになっています。↓
FX Venom Pro ポンドドルチャート

見ての通り、青い帯と赤い帯がトレンドの方向を示していて、矢印が表示されたところがエントリーサインです。

チャート右上には青色と赤色のT1・T2・T3というサインが表示されていますが、これはトレンドの強さを表すものになります。

青色が上昇トレンド、赤色が下降トレンドです。

FX Venom Proを使ったエントリー

FX Venom Proを使ったエントリーは、まずは画面右上の3つのサインが全て同じ色になったときに、その方向に対してエントリーします。

そのため、上記チャートのように、青色2・赤色1の場合はエントリーしてもいいですが、負けるリスクがあることを理解して、ロットを小さくするとともに、ストップを浅めに置く必要があります。

また、青色2・赤色1ということは、下降サインが出てもエントリーせず、上昇サインが出た場合にのみ、ロングでエントリーすることが可能です。

このことから、トレンドと逆方向のサインは捨てる必要があります。

損切りラインは青色の帯を下回ったところでいいでしょう。

ここではエントリーする場合のことを書きましたが、基本的にこのような場合はエントリーしなくても問題ありません。

FX Venom Proの鉄板エントリー

FX Venom Proの鉄板エントリーは、このように右上のサインが全て同じ色になっているときです。↓
FX Venom Pro ドル円チャート

上記は全て赤色になっていることから、上昇サインが出ても無視して、下降サインが出たときにショートでエントリーします。

このチャートだと、すでにサインが出てから時間が経過していますが、戻りを待ってからエントリーするか、それとも安値を割った場合にエントリーするか、もう一度サインが出るまで待つことになります。

途中でエントリーする場合には、損切りラインは帯を上回ったところで、利確に関しては前回安値までが鉄板ですが、安値を割った場合にはもっと引っ張ってもいいと思います。

サインが出たときにエントリーしていた場合には、前回高値を上回ったところで損切りをします。

エントリーポイントを厳選すると、毎日50~120pipsを獲得するというのは確実に無理なのですが、トレンドフォローの手法となるため、1回のトレードで50~120pipsを獲得することは十分に可能です。

FX Venom Proの3種類のテンプレート

FX Venom Proには3種類のテンプレートが用意されていて、リスク1・リスク2・リスク3の3パターンがあります。

これまで紹介してきたテンプレートはリスク1で、あまりトレンド方向が変わらないスイング向けのパターンです。

こちらはリスク2のテンプレートです。↓
FX Venom Pro リスク2

リスク1に比べるとサインが出る回数が増え、どちらかといえばデイトレ向けのパターンです。

そして、こちらがリスク3のテンプレートです。↓
FX Venom Pro リスク3

かなりサインが出る回数が増えていますが、その分リスクも増えるというパターンであり、こちらもデイトレ向けになります。

どのパターンでも同じですが、必ずトレンドの方向にのみエントリーすることが大事です。

そのため、トレンドの反対方向のサインが出たとしても、そのサインは捨てるようにしてください。

FX Venom Proは海外サイトからダウンロードすることができます。

FX Venom Proのダウンロードはこちらから

MUHAI_AUDNZD