BolliToucher(ボリタッチャー)をトレードに活かす方法

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ

BolliToucher(ボリタッチャー)をトレードに活かす方法をご紹介します。

BolliToucherとは、ボリンジャーバンドにローソク足がタッチしたときにサインが出るインジケーターです。

サインは小さな点なのでわかりにくいですが、アラートが鳴るので問題ないでしょう。↓
BolliToucher

※クリックすると画像を拡大できます

ボリンジャーバンドを使用しているトレーダーにとって、BolliToucherは非常に便利ですので、是非とも使用していただきたいと思います。

ボリンジャーバンドの役目

ボリンジャーバンドのメインで使用するのは2σです。

ボリンジャーバンドは逆張りのために使用している人が多いですが、単なる逆張りインジケーターではありません。

逆張りに使用している人が多いインジケーターですが、状況によっては逆張りではなく順張りのために使用した方がいいでしょう。

ボリンジャーバンドが広がる状態をエクスパンションと言いますが、エクスパンションになったときは順張りの飛び乗りチャンスです。

エクスパンションはチャートがまだ伸びるというサインですので、このときには順張りをしてください。↓
エクスパンション

※赤で囲った部分がエクスパンションです。

ボリンジャーバンドの方向感がないときは逆張りが有効です。

また、ボリンジャーバンドの2σを超え、3σに到達したときは逆張りが強いです。

99.7%の確率で3σ内に収まると言われていますので、3σにタッチしたら少々強気で逆張りができます。

実際にこちらのチャートをご覧ください。↓
3σ反転

3σにタッチしたローソク足が見事に反発していることがわかると思います。

ただし、個人的には99.7%も確率は高くないと思いますし、実際に3σで反発せずに突き抜けることがあります。

このチャートは雇用統計のときのドル円チャートですが、実際にここでは3σを突き抜けていますので、必ず逆張りの際にはストップを入れてください。

ただし、3σの反転確率が高いのは事実です。

このように、ボリンジャーバンドは非常に役立つテクニカルのインジケーターですが、BolliToucherを使用することでさらに便利に使用することができます。

BolliToucherの活用方法

BolliToucherはデフォルトで2σになっていますが、BolliToucherを2つ入れて片方を3σに設定すれば、サインとアラームの機能付きのボリンジャーバンドの完成です。

3σの設定方法はBolliToucherをMT4に入れたときに、「BobaDebiations」を3にするだけです。↓
BolliToucherの設定

あとはボリンジャーバンドと同じように使用してください。

ボリンジャーバンドを中心にトレードしている方は、BolliToucherを使用することで、ずっとチャートに張り付く必要はありません。

アラームが鳴ったらチャートを見て、そのときの状況に応じて順張りなのか逆張りなのか、それとも見送るかを選択することができます。

BolliToucherは無料でダウンロードすることができます。

BolliToucherのダウンロードはこちらから