Instant Profit Scalperを使ったスキャルピングの勝率を上げる方法

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

Instant Profit Scalperを使ったスキャルピングの勝率を上げる方法をご紹介します。

スキャルピングというと1分足で行うというイメージがありますが、Instant Profit Scalperは短期的な流れが変わる度にサインが出るため、5分足でトレードした方がいいでしょう。

また、サインの全てでエントリーをすることは非常に危険なので、エントリーポイントは厳選する必要があります。

Instant Profit Scalperの使い方

Instant Profit Scalperの使い方は非常にシンプルです。

買いの場合はピンク色、売りの場合は黄色のサインが出ますので、そのサインに従ってエントリーします。↓
Instant Profit Scalper

また、上記チャートの右下には「TREND UP-SIGNAL BUY」とピンク色で表示されていますが、これは買いサインの矢印が出たときに同時に表示されます。

売りサインの場合は「TREND UP-SIGNAL SELL」と黄色で表示されます。

ただし、上記にも書きましたが、サインの全てでエントリーをしてはいけません。

スキャルピングといえども上位足の方向性は確認した上でエントリーをする必要があります。

Instant Profit Scalperで勝率を上げる方法は上位足にある

Instant Profit Scalperの勝率を上げるためには、上位足の方向を必ず確認してください。

これは私が普段から行っていることですが、スキャルピングの5分足トレードをする場合には、日足と1時間足を必ず確認します。

そして、日足と1時間足が同じ方向を向いているときしかエントリーをしないようにしています。

日足と1時間足の方向が一致したら、5分足ではその方向にしかエントリーをしません。

つまり、日足と1時間足が下目線だった場合には、5分足ではショートしかしないということです。

結局、ロングもショートも両方取ろうとするから負けるのです。

なので、負けトレードが多いという方は上記の方法を試していただきたいと思います。

通貨ペアはドル円です。

さて、Instant Profit Scalperの方向性ですが、まずは日足を見てみます。↓
ドル円日足

日足は明確に下げてきているので、ここは下目線です。

Instant Profit Scalperは右下に短期トレンドの方向が表示されているのでわかりやすいですね。

次に1時間足を見ますが、1時間足での直近はレンジですが、全体的に見ると下目線です。↓
ドル円1時間足

このように、日足と1時間足の方向が一致している場合にのみ、5分足でショートのエントリーをします。

それでは、再度5分足チャートを見てみましょう。↓
ドル円5分足

前半はロングの方が強い場面もありますが、中盤からはどちらかと言えばショートの方が優勢になっています。

ただ、今回のドル円はレンジ相場ということもあり、あまり上位足の重要性がわかりにくかったのではないでしょうか?

そのため、今度はポンド円で見てみましょう。

まずは日足です。↓
ポンド円日足

下方向に強くローソク足が伸びています。

次に1時間足です。↓
ポンド円1時間足

完全に下降トレンドに入っています。

そして5分足です。↓
ポンド円5分足

5分足でも完全に下方向が強いことがわかります。

このように、スキャルピングであっても、上位足の方向に沿ってエントリーをすることで、勝率を上げることができます。

スキャルピングにてInstant Profit Scalperを使用する際に参考にしてください。

Instant Profit Scalperは無料でダウンロードすることができます。

Instant Profit Scalperのダウンロードはこちら

MUHAI_AUDNZD