FXで99.9%勝つ方法

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ

突然ですが、FXで99.9%勝つ方法を無料で公開したいと思います。

こんなことを言うと、「嘘つけ!この詐欺師が!」とか「本当にFXで稼げるなら誰でもやってるに決まってる!」とか言われるでしょう。

でも、FXで99.9%勝つ方法は本当にあります。

0.1%くらい負ける確率がありますが、当然ながら100%なんてものはどこにもありません。

でもって、たった0.1%のリスクも取れない人は、そもそも投資は向いてないと思います。

【注意】
ここで紹介する方法は、おそらく99.9%の人に理解されない手法です。
そのため、この手法を人に強要することはありませんし、向いてないと思ったらすぐにページを閉じて頂いて構いません。
ただ、人によってはこの手法は大きなヒントになるのではないかと思います。

本当に勝てる方法を人に教えるわけがない

よく、本当に勝てる方法を人に教えるわけがないと言いますが、ぶっちゃけ勝てる方法なんてその辺にいくらでも転がっています。

実際、私が会社勤めしていたときに、同僚にこの99.9%勝てる方法の話を何人かに言いましたが、誰もまともに話を聞こうとしませんでした。

それはFXで勝てるわけがないという意識が根底にあるからでしょう。

もちろん、いきなり「99.9%勝てる手法がある」なんて言っても怪しいだけなので、スマホでMT4の履歴を出して、その履歴の詳細を見せた上で話しています。

このとき人に見せた履歴は、約5ヶ月で資金を3倍にした口座の履歴です。

投資の世界において、月の利回り10%以上は詐欺と言われているので、逆に怪しかったのかもしれませんw

一応、以前にFXをやったことがあるという人と雑談をしていたときに、詳しい手法を話しましたが、おそらくその人は実践しないでしょう。

「自分は投資の書籍を何百冊も買って勉強したが、反射神経が足りなくて投資で勝てなかった」と言われましたが、投資に反射神経が必要な理由が未だにわかりません。

でも、きっとその人は自分のトレード手法に疑問を抱くことはなかったのでしょうね。

だから自己評価が高い人ほどFXで負けるのです。

結局、99.9%勝てる方法があったとしても、色々な言い訳をして結局誰もやらないのです。

そして、この99.9%勝つ方法は非常に地味でショボい手法なので、この記事を読んでも実践する人は1%以下だと思います。

FXで99.9%勝つ方法を大公開!

さて、前置きが長かったですが、いよいよFXで99.9%勝つ方法を公開したいと思います。

通貨ペアはユーロドルを選択してください。

そして普段はほとんど見ないユーロドルの月足を見ます。↓
ユーロドル月足

ユーロドルの月足での最高値は2008年4月~7月の約1.6ドルで、9月にリーマンショックが発生してから大きく下がっていることがわかります。

現在の価格から約5000pips離れていますが、この価格まで上昇する確率は極めて低く、0.1%もないと思います。

賢明な読者さんならもうおわかりだと思いますが、ようはユーロドルを売って、あとは利益が出るまで塩漬けにするだけというのがこの手法です。

もちろん損切りはしないので、逆指値は入れません。

利確は適当でいいですが、まぁプラス100pipsくらいのところに決済指値を入れておきましょう。

この方法なら時間はかかるかもしれませんが、FXで99.9%勝つことができます。

そして、株式投資の世界では長期投資が基本と言われますが、FXでも長期投資をすると考えればこの手法はあながち間違ったものではないと思います。

「5000pipsも耐えられるわけがない!馬鹿じゃねーのか!」と言われそうですが、5000pipsなんて資金管理次第で余裕で耐えきることが可能です。

FX証拠金シミュレーターというサイトがあります。↓
http://fxsoft.x0.com/fxsimu/

ここは最大レバレッジを選択しますが、海外口座も含まれているため、最大レバレッジを1000倍まで選ぶことができます。

私が使用している海外口座は最大レバレッジ500倍なので、ここでは500倍にしておきます。

総資産額に関して、とりあえず10万円ということにしておきましょう。あまり大きな資金は現実的ではありません。

海外口座は1ロットで10万通貨のため、最低額の0.01ロットは1000通貨です。この場合、取引数量の項目は0.1と入力します。

すると、なんと海外口座の0.01ロットなら9348pipsも耐えることができるという計算になりました。↓
FX証拠金シミュレーター

つまり、5000pipsなんて全然耐えきることが可能なのです。

あとは、普段からユーロドルのチャートを見て、かなり上昇してきてそのうち下がりそうと思ったときに、ショートでエントリーします。

こんなチャートのときですね。↓
ユーロドル1時間足

上記はユーロドルの1時間足ですが、とある抵抗線を少し超えた後、そのまま少しずつ下落しているため、これはもしかしたら下がるかもしれないということから、ここで売ります。

実際、私もここで少額のショートを入れています。

もちろん、逆指値なんて入れてませんし、損切りをするつもりはありません。

どれだけ上がっても塩漬けする気満々です。

なぜなら、超少額なので強制ロスカットになる確率は極めて低いから。

つまり、逆行して含み損になったとしても、口座が破綻しなければいずれ含み益になります。

ロングではなくショートを選んだ理由は、ユーロドルのロングのマイナススワップは非常に高いからです。

逆に、ショートのスワップ金利は基本的にはプラスになります。

現在は多くの海外口座でユーロドルのスワップがマイナスになっていますが、おそらくこれはコロナショックでアメリカが利下げをし、実質ゼロ金利になってしまった影響だと思います。

そのため、コロナが終息してきたら元に戻るとは思いますが、現在でもユーロドルを売った際のマイナススワップは非常に少なく、ここで紹介した0.01ロットの場合は1日マイナス1円以下です。

ただ、今の相場で無理してトレードをする必要はなく、スワップ金利が元に戻ってからやればいいでしょう。

そうすると、スワップだけで月に何万円も増えていくことがあって、ちょっとしたお小遣いをもらっている気分になります。

あと、海外口座を使用するのは最大レバレッジが高いという理由がありますが、他にもゼロカットといって、海外口座では強制ロスカットになっても追証が発生しないという素晴らしいシステムがあるからです。

海外口座のハイレバトレードは怖い?

海外口座のハイレバトレードは怖いという方が多いですが、そもそもレバレッジの本当の意味を知ってますか?

「そんなことくらい知っている!俺を舐めているのか!」と思われるかもしれませんが、これを知っているかどうかだけで、トレードの勝率は劇的に変わるくらい重要な話です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。↓

上記リンクにて言えることは、最大レバレッジと実効レバレッジは別物で、最大レバレッジが高くても実効レバレッジが低ければ危険性は低いということです。

他の通貨ペアでやってもいいの?

ユーロドル限定でやってください。

というのも、世界的な金融ショックが起きた場合、ドル円などは大きく暴落する可能性があるからです。

日本人にはポンド円が非常に人気がありますが、ポンド円は気を抜くと1000pipsくらい平気で動きますので、そんな危険な通貨ペアで塩漬けするのは愚の骨頂です。

ユーロドルは世界で最も流通量が高く、値動きも少ない通貨ペアだからこそできる手法になります。

また、ユーロドルが暴落したら利益が大きくなるので、ラッキーだと思ってください。

とりあえず、この記事で言いたかったことは、利益は非常に少ないですが、考え方と忍耐力次第で99.9%勝つ方法があるということです。

最後に

こんなふざけた手法を教えやがって、お前何様のつもりだ!と思われている方もいると思います。

なので、自己紹介代わりとして、私の2019年の成績をここに公開します。

以下は現在使用している口座を作成した2019年8月~12月末までのMT4の詳細レポートです。↓
詳細レポート

※クリックすると拡大できます。

勝率は85%以上ありますが、きちんと損切りもしていることも確認できるのではないでしょうか?

あくまでもここで紹介した方法は手法の一つであり、普段からやっているものではありません。

ただ、人によっては大きなヒントになったのではないかと思います。