マタフを使った通貨強弱トレード

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

マタフを使った通貨強弱トレードです。

チャートから通貨の強弱を読み解き、適切な通貨ペアを選ぶことで、優位性の高いトレードができます。

いくつか例を出します。

ドル円が上昇していて、ユーロドルとポンドドルが下降している場合、米ドルが買われていて相場が動いている可能性があります。

ポンド円とポンドドルが上昇していて、ユーロポンドが下降している場合、ポンドが買われていて相場が動いている可能性があります。

オージー円とオージードルが下降していて、ユーロオージーとポンドオージーが上昇している場合、豪ドルが売られていて相場が動いている可能性があります。

このように、現在どの通貨が買われていて、どの通貨が売られているかということをチャートから読み解くことによって、適切な通貨ペアを選ぶことが可能です。

ようは、最も買われている通貨と最も売られている通貨のペアを選ぶと勝ちやすくなるということです。

マタフを使って通貨強弱を調べる

通貨の強弱というと、色々な通貨ペアをチェックするイメージがあります。

慣れれば問題なく通貨の強弱が読めるようになりますが、慣れるまでにけっこう時間がかかるかもしれません。

しかし、実はそんなことをしなくても、通貨の強弱を調べることができます。

マタフというサイトがありますが、このサイトを使うことによって、通貨の強弱を簡単にチェックすることができます。

マタフのサイトはこちら

左側から通貨を選ぶことができますが、デフォルトではユーロだけ表示されていて、ここでは他に米ドル・ポンド・円・豪ドルを表示させています。↓
マタフ

このように、マタフでは選択した通貨をラインチャートで表示してくれます。

上記は日足ですが、日足レベルではオージーが強くてポンドが弱いことになります。

ということは、日足レベルではポンドオージーのショートが最も優位性が高いということです。

実際にポンドオージーを見てみます。↓
ポンドオージー

ヒゲの頂点から現在の価格まで、なんと2950pipsも下降しています。

ただ、ポンドオージーは非常にボラティリティが高く、ちょっとした上昇でも300~400pipsほどありますので、私はポンドオージーではトレードはしません。

もしもポンドオージーでトレードをするなら、必ずロットを落として、ある程度逆行したら必ず損切りすることを徹底してください。

ポンドオージーで下手に耐えると高確率で破綻します。

このように、どの通貨ペアでトレードをしようか迷っているときは、マタフをチェックして強い通貨と弱い通貨を見るといいでしょう。

MUHAI_AUDNZD