ボリンジャーバンドを使った逆張り手法

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
MUHAI_AUDNZD

ボリンジャーバンドを使った逆張り手法をご紹介します。

この方法は非常にシンプルかつ簡単で、それなりに勝率が高い手法です。

ただし、勝率が高いとは言っても100%ではありませんので、大きく含み損を抱えた際には必ず損切りをしてください。

ボリンジャーバンドの3σを使用する

ボリンジャーバンドの3σを使用してトレードをします。

ボリンジャーバンドはデフォルトだと2σです。

ここでは3σを使用しますので、まずは設定方法から紹介します。

ボリンジャーバンドのインジケーターはMT4に最初から入っていますが、実は2種類あります。

インジケーターのトレンドに入っている「Bollinger Bands」とカスタムに入っている「Bands」です。

どちらも同じものですが、「Bands」の場合は中央の移動平均線を消すことができます。

ここでは「Bollinger Bands」で解説していきます。

まず、「Bollinger Bands」の設定から、偏差を3にしてください。↓
ボリンジャーバンド設定

設定はこれだけです。

デフォルトの状態が2σで、上記の設定で3σを使用することができます。

ボリンジャーバンドの3σの反転確率は99.74%と言われています。

しかし、実際には反転確率は90%くらいだと思いますが、それでも確率は高いです。

ボリンジャーバンドの逆張り手法に適した通貨ペアと時間帯

通貨ペアに関してはドル円がいいでしょう。

ドル円で行う理由は、ドル円は他の通貨ペアと比べるとトレンドができにくく、大半がレンジだからです。

基本的に、トレンドは順張り、レンジは逆張りが有効です。

そのため、逆張り手法ではドル円が向いているといえます。

ただし、ドル円は雇用統計やFOMCで大きく動くことがあり、その際にはボリンジャーバンドの逆張りは通用しません。

また、アメリカ大統領の発言によっても大きく動くことがあります。

そのため、このボリンジャーバンドの逆張り手法は、東京時間と欧州時間には適していますが、NY時間は避けた方がいいでしょう。

ボリンジャーバンド3σの逆張り手法

ボリンジャーバンドの3σを使った逆張り手法は非常に簡単です。

ボリンジャーバンドにローソク足が当たって、反発したところを逆張りするだけです。↓
ボリンジャーバンド逆張り

このチャートだけなら、かなり勝率が高いことがわかると思います。

ただし、上記にも書いた通り、トレンドが付いた場合にはボリンジャーバンドは通用しなくなりますので、その際には損切りが必要です。

利確目標に関しては、勝率を重視するなら中央の移動平均線、値幅を大きく取るなら反対側のボリンジャーバンドにタッチするまででいいでしょう。

よくあることですが、ボリンジャーバンドで反転した後に、すぐに戻ってくることがあります。

その場合には建値撤退をすることを推奨します。

BolliToucherのアラーム機能を使う

BolliToucherという便利なインジケーターがあります。

BolliToucherとは、ボリンジャーバンドにタッチしたときにサインとアラームが通知されるインジケーターです。↓
BolliToucher

※見にくいと思いますが、ボリンジャーバンドにタッチした場所に小さな印が付いています。

このBolliToucherを入れておけば、ずっとチャートを見ていなくても音でわかります。

こちらの記事にBolliToucherの詳細とダウンロードリンクがあります。↓

なお、ここではボリンジャーバンドの逆張り手法について解説していますが、ボリンジャーバンドは単なる逆張りインジケーターではなく、順張りにも使うことができます。

上記リンク先ではボリンジャーバンドの順張り手法についても書いています。

MUHAI_AUDNZD